僕の生き方・あり方22.2

2018年08月8日
Pocket
LINEで送る

人生においても、ビジネスにおいても 成功に必要な大切なことは

・自分がどういう信条で生きるか

・どういう理念でビジネスをするか

です。

僕はこれまで人生もビジネスも、どう生きるのか・事業はどうあればいいのか  という事を深く意識しながらやってきました。

人生もビジネスも成功の定義は人の数だけ、会社の数だけあると思います。

自分自身が納得する人生。

その会社らしい経営。

僕がこれまで生きてきた中で考え、ビジネスをしてきた過程で学んだ、

見方・考え方

生き方・あり方

という2大テーマでお話をしていきたいと思います。

本日は、成功する確率を上げる 考え方 についてのお話です。

大切なのは素直

やる事なす事が、なかなかうまくいかないんですよね。

自分なりに考えてやっているんですけど、なかなか結果が出ないんですよね…

時々、こういった話をうちの会社から独立したメンバーや知り合いの経営者から相談を受けます。

僕はそんな時 思うのは

頭がそんなに良くないのに、

自分で考えるから うまく行かないんだと思うよ(笑)

ってことです。

誤解を恐れずに言うと、僕の周りの経営者で成功している人て、僕を含めてバカな人が多いです。

計算して行動してないというか

「 それ良いよねー 」

って人から聞いた事を直ぐにやっちゃうみたいな。

でも、僕はその

「人から聞いた事を直ぐにやっちゃう」

という素直さ、ノリの良さが成功にはとても大切だと思っています。

僕がよく読んでいた松下幸之助翁の本の中でにも、

「素直さが成功するのに1番大切」

みたいなフレーズがよく出てきます。

星野リゾートの星野さんも

「自分で考える前に、それぞれの分野の教科書通りにやってみる」

と言っています。

素直に教科書通りにやるっていうのがポイントで

うまくいってない人を見ると、先輩経営者の言う事を素直に聞かず、本に書いてある通りにやらず、自分流に勝手に解釈し、アレンジしてしまっている人が圧倒的に多いと思います。

守破離 と言う言葉があります。

まず、師匠や身近にいる先輩の言った事をその通りに守ってやり、自分のものにする(守)

その後に、自分流にアレンジしてやってみる(破)

この順番 プロセス が大切なのです。

身近に成功した人がいるなら、しっかりモデリングし、TTP (徹底的にパクる)事が成功する1番の方法であると僕は確信しています。

成功している人は、その分野で成功するレシピを持っているので、自分で考えてやるよりも、確実に成功する確率は高まります。

仕事を成功に導いたり、人生を幸せに生きることは、確率論であり、先人の知恵をモデリングすれば、自分流でやるより確実に確率は高まるのです。

そのためには、まず、徹底的にモデリングし、徹底的にパクる「素直さ」が大切だと思います。

自分を捨てて (← これがなかなかできない人が多い)

「言われたことを、すぐ、言われたとおりにやる」

「教わった事を丸呑みして、丸ごと真似をする」

この素直さが大切です。

「学ぶ」という言葉は、「真似る」が「まねぶ」に変化した言葉だと聞いた事があります。

師匠のやり方を「真似て」、少しずつ自分のものにしていく事が 「学び」の本質だと思います。

うまくいっていない人というのは、

「言われたとおりにやる」と言うことができません。

考えなくてもいいのに、自分流を持ち込み うまく行かないようにしてしまいます。

教えてもらったことをそのまま素直にやらず、いきなり守破離の破からスタートして、「自分のやり方」を模索したがる。

自分本位で、こだわりを持ちたがる、傲慢な態度が、「素直」にそのまままやることを邪魔しているのです。

要するに、素直じゃない人間は性格が悪いのです(笑)

だまされたと思って素直に 自分の身近にいる成功者の言うことをそのまま聞いてやってみましょう。

その方が自分で考えてやるより、うまくいく確率は高いですよ。

自分がこれだ!とビビビッときた本を何度も読んでそこに書かれている事をそのままやってみましょう。

上手くいかないときは、その分野でうまく行っているプロを見つけて、モデリングしましょう。

自分のメンターを見つけましょう。

真似するなんてカッコ悪い‼️って考えは、今すぐ捨てましょう。

自分で考えられるぐらい、あなたは、頭が良くないでしょ(笑)

我を出すのはまだ、先です。

まずは、謙虚に素直に。

でもさー

とは言ってもさー

って言っている、そこのあなた アウト‼️

まずは、なにより、謙虚に素直に。

Pocket
LINEで送る